izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

はと被害に朗報!!インフルエンザ、万能ワクチン開発…

インフルエンザ、万能ワクチン開発…厚労省研究班
読売新聞 - 01月29日 03:03)


 いろいろなタイプのインフルエンザウイルスに効くワクチンを厚生労働省研究班が開発した。

 従来のワクチンと違い、ウイルスが変異しても効果が続くのが特徴で、動物実験で確かめた。実用化までには数年かかるとみられるが、新型インフルエンザの予防にも役立つと期待される。

 研究班は、国立感染症研究所、北海道大、埼玉医科大、化学メーカーの日油。

 通常のワクチンは、ウイルス表面をとげのように覆うたんぱく質をもとに作る。接種後、ウイルスが体内に侵入すると、抗体がとげを認識して増殖を阻止する。だが、インフルエンザは、とげの形が異なる複数のウイルスが流行することが多いうえに、頻繁にとげの形が変異するため、毎年のようにワクチンを作り直す必要があった。流行する型の予測がはずれると、ワクチン接種の効果が薄れた。

 研究班は、表面に比べて変異しにくいウイルス内部のたんぱく質を人工合成。それに特殊な脂質膜をくっつけてワクチンを作った。このワクチンを接種すると、免疫細胞が、ウイルスの感染した細胞を攻撃する。

 実験では、新型インフルエンザウイルスに変異する可能性が高い高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1、Aソ連型、A香港型の3種共通の内部たんぱく質を調べ、ワクチンを作製。免疫に関与する人間の遺伝子を組み入れたマウスに接種した後、ウイルス3種をマウスに感染させても症状が表れず、増殖も抑えた。

 ただ、これまでにないタイプのワクチンなので、人間に使って重い副作用が出ないか、慎重に確認する必要がある。同じ仕組みのワクチンを英オックスフォード大も研究中という。

 研究代表者の内田哲也・感染研主任研究官は「人間に有効で安全な量を調べ、一刻も早く実用化につなげたい」と話している。

★これが、本当に実現できたら素晴らしいものです。

PageTop

春も、もうそこまで・・・

==========お天気==========

九州地方は、この2日間、お昼間は、ぽかぽか陽気でした。
部屋を全開し、掃除・洗濯・布団干しには久々の最適日和・・・
久々に部屋もすっきり!!
布団も、太陽の香がし気持ちいいです。熟睡・・です。

ハトは、暫く見かけなかったのですが、
エネルギーを充電していたか?
あり余ったエネルギーを発散するかの様にバタバタと羽を大きく広げ元気に飛び回っています。
まるで小さな子供の様に遊んでるようです。

勿論、家には来ませんが、下の階の辺りで、コロコロ声がします。(ベランダに止まっているんです)

お願いだから、糞はやめてね!という思いです・・・!

明日から、又寒くなるそうです。

PageTop

ロイター発信! 01月18日 ニュース

鳥インフルエンザ

(他社のブログより・・)

中国の2歳女児、鳥インフルエンザで重体
(ロイター - 01月18日 15:52)


 1月18日、中国山西省の2歳の女児が、鳥インフルエンザに感染し重体であることが分かった。写真は2007年5月に湖南省で撮影した記事とは無関係の鶏(2009年 ロイター/China Daily)
 [北京 18日 ロイター] 中国山西省の2歳の女児が、鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染し重体であることが分かった。18日付の新華社が伝えた。



 記事が同省衛生庁の匿名職員の話として伝えたところによると、女児は今月7日に湖南省で不調が明らかとなり、11日に山西省の病院に入院した。



 また、中国衛生部もウェブサイト(www.moh.gov.cn)で同件について発表。女児の症状が悪化し、鳥インフルエンザへの感染を確認したのを受け、ほかの病院に移送したと明かした。衛生部では女児の感染経路について明らかにしていない。



 湖南省では2007年以降、鳥インフルエンザの発生報告はなかった。



 同国では今月5日に北京市の女性(19)が鳥インフルエンザで死亡しており、政府が同市への生きた家禽類の移動を禁止するなどの措置を取っている


お注意を・・
●鳥→豚→人間・・とウイールスが変化していき感染する!と言われてます。

*海外へ行く方がもって帰ってくる
*渡り鳥がもって来る。
*輸入肉??

いずれにしても、マスクは絶対必要なアイテムですね!

PageTop

半透明 ハトよけネット

はといや~んネットⅡ マンション設置画像です。

あるお宅のマンションの設置画像です。

上記は、Ⓜタイプの2間サイズです。

お部屋の中からは、程どネットが解りません。

PageTop