izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

2階の床が抜け、2人死傷 (リフォーム・立替はお早めに)

床が抜け落ちた事故

2階の床が抜け、2人死傷 腐食か… 葵区           

日本テレビ系(NNN) 12月25日(木)10時45分配信
 24日夜、静岡市葵区の住宅で2階の床が抜けて2人が転落し、1人が死亡する事故があった。

 事故があったのは、静岡市葵区の住宅。警察によると、24日午後8時前、この家に住む清水徹大さん(67)と息子の猛さん(46)が業者の男性とともに2階の水道の水漏れを確認していたところ、突然床が抜け2人が1階に転落した。この事故で徹大さんが胸や頭を打ち死亡、猛さんが腰を打つ軽いケガをした。

 住宅は元々、鉄工所だった建物で、2階の屋外通路の床に使われていた鉄板が腐食して抜け落ちたとみられている。警察で詳しい事故の原因を調べている。.
最終更新:12月25日(木)10時45分



 年末前の予想もつかない事故!
  床が抜ける前に、何か?予知できたのでは?ミシミシ音がするなど・・
  早めの対策が必須です。

  この物件が賃貸物件だったら、大変!
    大きな損害問題に・・!?


  


====================================
鳩よけ&下着泥棒よけは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!どんどん!好評!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ


お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555

PageTop

消防法 防火管理者資格 2日間

2014/12/11 との計2日間  防火管理者講習へ行ってきました。
朝9時~始まり4時半まで・・・みっちりとあります。


1日目

午前中=テキストで学ぶ
午後 =残りのテキスト+実習

s-警報装置
●警報装置の説明です

s-消化訓練
●消火器に使い方と実施

s-消化放水訓練
●放水の訓練



s-避難ハッチ
●ベランダの非難ハッチ 使い方と実施 (スタート)

s-避難ハッチ着地
●ベランダの非難ハッチ 使い方と実施 (着地)

s-煙の再現
●煙の再現(再現の為、人体の悪影響はない物!実際は、目がし見たり臭かったり。ガスが発生したり。。)



【2日目】
午前中=更にテキストで学ぶ
午後=  ”
夕方= まとめのでテスト

s-防火管理者資格
●防火管理者 終了証明書


●この後が又大変です。
消防署に 防火管理の計画書を提出しないといけません。

インターネットにてダウンロード出来ますが、
非常に面倒臭いです。
書きこむにかんがえながらで1日掛るかもしれません。


  まあ!大変でした。
仕事しながらの講習で、睡眠もわずかしか取れないまま行きました。
実習では、翌日は、身体のこわばりで痛い。

講習会の参加数を甘くみてはいけない。
  定員オーバーで、100名弱の参加者。

部屋も、大きい部屋に変更となったようです。
参加者は、殆どが企業の社員さん。

火災の認識の大きさが見えました。


私も、マンションの理事会 役員として更に仕事が増えます。
1)消防訓練が随分長くなされていない事。

2)当時の住人と変化が有っていること

3)消火器の使い方は頭で解っていても、いざとなると、ホースが外れない(案外堅い物だった)
 あわててい居るときは多分、無理かもしれない!と思った。

4)煙の再現=全く見えない。

5)年寄りや、体の不自由な入居者は、高層階は、厳しいかもしれない事
 (エレベーターは使えない・階段での非難は、難しい?

6)非難ハッチ=下りるに容量がある事
 (足腰強くないと難しい?命を取るためには、仮に骨の数本折れる覚悟で行かないと無理かもしれない事。
 8Fとしたら・・7F・6F・と同じことの繰り返しが年寄りや、体の不自由な入に出来るだろうか?と思った。

色々と課題が残された講習だった。

 まずは、消火器の練習を徹底的に行う事から始めよう!
 誰でも、出来るように・・・



====================================
鳩よけ&下着泥棒よけは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!どんどん!好評!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ


お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555

PageTop