izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

お正月明けより、またも、3歳の転落事故。6F


産経新聞より

姿見えなくなった“ママ”追っかけ…
     「3歳」男児がマンション6階から15メートル転落



産経新聞 1月5日(月)18時56分配信
5日午後0時40分ごろ、東京都江戸川区南篠崎町の8階建てマンションから子供が落ちたと、消防を通じて110番通報があった。警視庁小松川署の調べでは、転落したのは6階に住む男児(3)で、意識はあるが頭蓋骨骨折のけが。同署は、男児が6階から約15メートル転落したが、高さ約2メートルの植え込みがクッションとなり衝撃を和らげたとみている。

 同署の調べでは、30代の母親が外出しようとしたところ、男児がぐずったため母親は男児を室内に残して玄関の扉を閉め様子をうかがっていた。

 男児の泣き声が聞こえなくなったため、室内に入るとリビングの腰高窓が開いていたという。
窓は床から約90センチの高さにあるが、窓の下にソファがあり、同署は男児がソファに登って窓を開け、母親を捜そうとして外をのぞき込み誤って転落したとみている。


また、痛ましい事故が起きました。
        子育てのママ大変だけど、目を離すのは危険です。

       だから、

       事故が起きる前に、対策を取らないと遅いのです。
       安価お対策法は?こちら!
      s-NEW 落下 防止


    マンションの2Fから上の階で小さなお子さんのいるご家庭は必須アイテムです。
   
    命は助かったとしても、脳に障害が出ることも有ります。
    一瞬のことで、一生背負って行く羽目になることも考えましょう!  マジですよ~~~。

     引っ越し先に持っていけるし、お子さんが大きくなったらいつでも取り外しできます。(特許商品です)


 解放口(窓やベランダの手すり辺りに、物を置かないことも大事です。
        今回の事故は、窓と有りますが、本来、窓なら、格子が有るはず?(建築基準法?)
       
        どんな窓か不明です。


     
     
====================================
鳩よけ&下着泥棒よけは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!どんどん!好評!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ


お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555
       
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する