izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

ハトはいつの世から存在していたか?

ハトは、一体いつからこの世に存在していたのか?

地球ドラマチックという番組では、少なくとも8世紀 中世 イギリスで聖書に記載が在る。

当時、ドラゴン(大蛇)がぞんざいしていた時代。
ドラゴンは、空を自由に飛び、人を食べ。口から火を吐く。
当時の勇気ある、若者ベーオウルフは鉄の鎖で編んだ服をつくり戦った事が残されている。

その聖書に今と変わらないハトの画像が存在している。

また、伝書鳩はなんと、紀元前3000年エジプトで存在しているという説もある。
一体、いつからいたのだろうか?

伝書鳩は、いつの時代も戦争・争い・戦で使われている歴史が在る。
日本も同じで、日本の場合は、特に、戦国時代今の電話の代わりと務めている。

このハトの活躍は、争いには、必須の物となっていた事でしょう。
相手の情報・作戦変更などの知らせ。

だから、ハトは、大事にされている歴史が在る。

しかし、今の時代、ハトは日本人にとっては迷惑な物となった。
臭い・。汚い。うるさい。

ヨーロッパでは、今でも、人と暮らしに中に溶け込んでいる。
あの憧れのパリでも、イタリアのローマでもハトは、増殖し人間慣れしている。

人を恐れる事もない。

観光スポットでもハトは自由に飛び回り餌をもらい、空から糞・尿も当然おとしている。

きれい好きな日本人だから気になるのだろうか?

ハトの糞・尿は、ウエールスが入っている事が解っているが、西洋人は気にならないのだろうか?

中国では、ハトをたべる習慣がありまますが、中国でも勿論、ハトは争いに使われている歴史が在ります。

もっと、ハトがいつからこの世に存在していたのか?が知りたくなっって来ました。



====================================
鳩よけ&下着泥棒よけは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!どんどん!好評!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ


お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する