izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

★減らない転落事故がなぜ起こるか?≪又も起きたマンション11F≫

★減らない転落事故がなぜ起こるか?≪又も起きたマンション11F≫

http://www.asahi.com/articles/ASJ9J3DB8J9JPTIL00K.html?ref=yahoo

マンションに転落寸前の子が…おじいちゃん3人の救出劇

南有紀

2016年9月16日16時15分



マンションに転落寸前の子が…おじいちゃん3人の救出劇

南有紀

2016年9月16日16時15分






 神戸市兵庫区の14階建てマンションで8月、小学5年生の男児が11階から転落しそうになった。力をあわせて救出したのは、住人のおじいちゃん3人だった。

 ドン、ドン、ドン。8月9日午後2時ごろ、10階の古川潤一郎さん(83)は玄関ドアをたたく音で外に出た。目に飛び込んできたのは、上の11階からバンザイをした状態でぶら下がる男児の姿。高さ約30メートル。別の住人が異変を知らせた。

 11階では男児の両腕を柵の下の隙間から友だち2人が必死で引っ張っていた。だが、限界に近い……。

 古川さんは自室にあった登山用ロープを持ち出すと、目の前にぶら下がる男児の両足首に結び付け、もう一方の端を柱に固定した。同じ10階に暮らす魏三鎖(ぎさんさ)さん(73)も駆け付け、男児の足を下から支えた。
 「落ちる」「死んでしまう」と男児が悲鳴を上げ、「手を離すな」と友だちらが叫んでいた。12階の山際正博さん(69)も騒ぎに気づき、脚立を持って10階に駆け下りた。
 脚立にのぼり、男児の体を右手…


≪コメ≫
助けた3名もとても危険な状況の中の事です。
ベランダのて4磨りの高さは、ほぼ120cm程
脚立に登るとは、同時に落下する恐れがある状況にあります。

私共でさえ、命綱をつかいます。
靴も、滑らない靴などを用意します。

子供たちは、ベランダで肝だめしでもしていたのでしょうか?

やはり、高層階に住む住人は、転落防止ネットが急務とおもわれます。
ぜひご健闘をされてください。

http://www.hatoyoke.net/rakka.html

親の気付かない瞬間に命の危険は突然やってきます。

事故のあった物件 自分の部屋だけ価値が下がるだけでなく
マンション自体の価値が下がります。(事故物件)
住人の皆さまにもとても迷惑になる事になります。

最悪、損害賠償問題に繋がる事もあるかもしれません。





====================================
鳩よけ&下着泥棒よけは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!どんどん!好評!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ


お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する