FC2ブログ

izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2016年 鳥インフルあちこちで発生

鳥インフル

鹿児島県出水市で鳥インフル=ツルねぐらの水から検出―環境省
時事通信 11/18(金) 17:13配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000130-jij-pol

環境省は18日、鹿児島県出水市で採取されたツルのねぐらの水から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。

 検出は今季初めて。

 鹿児島大学と出水市が定期的に調査していて、14日の採取分から検出された。ここをねぐらにしているナベヅルやマナヅルなどに、異常は見つかっていないという。

 同省は半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定して野鳥の監視を強化するほか、専門家による野鳥緊急調査チームを現地に派遣する。 

中国で鳥インフルエンザ~H7N9型

http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_animal&p=flu001

中国国家衛生計画出産委員会は5月6日、H7N9型鳥インフルエンザへの感染による死者が同日夕現在、計31人になったと発表した。地方政府発表分も含めこれまで判明していた27人から4人増加。江蘇省で2人、浙江省と安徽省で各1人増えた。
 また、福建省政府は6日、既に退院した福州市の男児(9)がH7N9型鳥インフルエンザに感染していたことが分かったと発表した。男児は4月26日に発病し、27日に受診。軽症のまま回復し、5月4、5両日の検査ではウイルスは検出されなかったが、受診当初に採取したサンプルは陽性だった。これで中国本土の感染者は、上海、北京の2市と8省の130人となった。このほか台湾でも感染者1人が確認されている。
 写真は、中国から届いたH7N9型鳥インフルエンザのウイルス株[国立感染症研究所提供] 【時事通信社】



渡り鳥にウイルスがくっついて日本へ
日本では、私たちの食卓の卵やかしわにも大きな影響をもたらします。
人への感染も恐ろしい。

身近な、鳩・ハト・鶏も・カラスなども注意です。

生活から遠ざける事しかありません。感染源はおおむね糞(フン)

ベランダ・屋根から鳩の糞を無くすこと=・ウイルス


ハト対策・鳩の糞にご注意を



====================================
鳩よけ・下着泥棒よけ・防犯・ネットは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ 特許商品 こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!どんどん!好評!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ


お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555


鳩被害・ハトのふん。ウイルス トリフル ベランダ 鳩被害

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。