izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

戦争時は伝書鳩といったが現代はレース鳩と名が変わった

戦争時は伝書鳩といったが
      現代はレース鳩と名が変わった


大昔より、伝書鳩(はと)は歴史上に残り大活躍したハト達。
 今でいう、〒(電報)の役目を果たした。

今では、争いも日本は無くなり、
伝書鳩も不要。
又、〒も出てきて伝報もあり、昨今では、携帯電話・スマホ・インターネットメールで素早く届くようになった。

現代では、伝書鳩(ハト)より、名前が変わり、レース鳩(ハト)と成っている。

レース鳩の育成では、相当なハトを養い、餌を与え飼育している。
特訓で、筋肉をつけるハードな運動(限界まで飛ばす)事を行っている。

各自、愛好家が数百羽も飼育し、年に数回か?イベントがあっている様子

京都ー福岡の距離を何時間で帰ってくるか?の競い合い
無事帰ってくるハトは数%らしく、磁気の本能でさえ途中で迷ったり・耐えきれないまま、帰ってこない
多分、そのまま、途中でノラ ハトになってしまうケースもないとは言えない。

その、「ノラハ」トが、野生のハトと共存してしまう。
そうして、どんどん、ハト被害も増加の可能性もなきにしもあらず、

http://www.jrpa.or.jp/
ハトレース協会HPにもある様に、見つけたらお知らせ下さい!とあるが
殆ど無理な話です。

高速の下等に住みついたり、ノラになったハトを見つけることは難しい。

その子孫にしては、更に難しい。

こうしてハト被害も増加+増殖機能の強いハト被害は減ることは無い。


しかし、
戦争を忘れたしまった今の私たちにもしかして?
新たな戦争をしないでも巻き込まれる可能性は0では無い様な?

そうすると、最新機器よりアナログの方が機能生からしてトンで居るのかもしれない。
戦争=電気もつかない世界へ
デジタル・IT等及びではなくなる

アナログもある意味、残す必要性もあるのかもしれない。

ハトの代わりにドローン?九死に落ち行った時、やはりアナログの伝書ハトが又活躍する時が来るのかもしれない?
と思うと、鳩だけではなく、全てがアナログ(伝書はと・ろうそく。手こぎの井戸等々)の良さが解るのかもしれない。

レースハトは、ウイールスのワクチンもされているが、そのワクチンがノラ鳩になったらいつまで持続するか?は不明
鳩の糞の中のウイールスが人体に悪影響を及ぼす。


====================================
鳩よけ・下着泥棒よけ・防犯・ネットは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ 特許商品 こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!どんどん!好評!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ


お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555









関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する