izumi industry Blog

「はとよけネット」のイズミインダストリーのブログです。ハトでお困りの方、下着泥棒でお困りの方、雨や花粉で洗濯物が外に干せないとお悩みの方、必見です!

ストーカー事件 被害者の思いと現実


ストーカー事件 被害者の思いと現実

http://www.asahi.com/articles/ASK2X3T78K2XUTIL01B.html

小金井・女性刺傷、被告に懲役14年6カ月 地裁判決
根津弥、志村英司

2017年2月28日14時52分
東京都小金井市で昨年5月、音楽活動をしていた冨田真由さん(21)がファンの男に刺され重傷を負った事件で、殺人未遂などの罪に問われた群馬県伊勢崎市の無職岩埼(いわざき、現姓・岩崎)友宏被告(28)の裁判員裁判の判決が28日、東京地裁立川支部であった。阿部浩巳裁判長は、懲役14年6カ月(求刑懲役17年)を言い渡した。

 起訴状などによると、岩埼被告は昨年5月21日午後5時5分ごろ、東京都小金井市本町6丁目のアーケード内で、冨田さんの首などを折り畳みナイフで少なくとも34カ所刺し、殺害しようとしたとされる。冨田さんは一時意識不明の状態になり、その後意識が回復。しかし、口など一部の神経がマヒし、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負うなどの後遺症が残った。

 裁判で検察側は、事前にナイフを購入していることなどから「一定の計画性があり、強い殺意があった」と主張。「他に類を見ないほど悪質で、反社会的な犯行」として、同じような事件でのこれまでの量刑にとらわれるべきではないとした。また冨田さんの代理人弁護士は、無期懲役にするべきだと訴えていた。

 一方の弁護側は、犯行直後に被告が119番通報していることなどを挙げ、「衝動的な犯行で計画性はない」と反論。同じような刺傷事件での刑の重さを考慮すべきだと主張していた。

 裁判の中では冨田さんも出廷し、意見を陳述した。しかし、証言の途中で岩埼被告が「じゃあ殺せよ」などと繰り返し怒鳴り、阿部裁判長から退廷を命じられていた。(根津弥、志村英司)


◆ 17年が14年半と判決

 被害者の思いは十分理解できますが、今回の判決は、厳しい判決の方だったかもしれない。
 又、いつか?真面目にしていたら10年前後で出てくる可能性もある

被害者は、常に生きた心地はしない(トラウマ)
それでも、仕方ないのです。

正直、被害者から言えわせれば、「死刑」の方が、2度と同じことが起きないと断定できるが
 そうはいかないもの現実です。

被害者が、リスクを負うのです

だから、「自分の身は自分でまもる!」
 ※変だと思う内容のSNSに加担しない
 ※住まいを知らせない事
 ※それでもわかってしまったら、対策を即!撮る。(たとえ費用が10万~50万かかったとしても・・)
   命が有れば、安心出来れば、働ける
 ※完全、タクシー移動
 ※余裕があれば、自腹でガードマンを雇うなど
 
今は、命・被害は、ある程度お金が必要なのかもしれない。

最低、購入必須アイテムは、
防犯ネット(ベランダや開口口閉鎖+防犯カメラ数個)
  安全を買う



 
====================================
鳩よけ・下着泥棒よけ・防犯・ストーカー被害・ネットは!!イズミ・インダストリーにお任せ!!
イズミのハトよけ 特許商品 こちら 
ベランダ・バルコニー・テラス!ビル全体のハト対策・太陽光発電の鳩被害!他者に断られてもイズミなら出来るかも?どんな所にも、izumi indusutryのハトよけネット!!

★「厄介なハト対策」のプロディユースもお受けしています。
お問い合わせはこちら!
イズミのハトよけ

お問い合わせ=電話/Fax 0942-48-0555

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する